製品レビュー


GoSafe 130 スタッフレビューのご紹介

みなさん、こんにちは!
PAPAGO JAPAN のスタッフ M です。

今回は、1万円以下で最大64GBまで対応可能な
300万画素フルHD高画質ドライブレコーダー

「GoSafe 130」をご紹介いたします。

この価格帯では破格とも言える性能に
PAPAGOならではの安心安全機能も盛り込まれています。

それでは、行ってみましょう!



■走行映像
まずは「GoSafe 130」の1920×1080pのフルHD撮影された走行映像です。

どうでしょうか?
素晴らしいパフォーマンス!

■パッケージ開封
商品パッケージ画像です!

箱を開けますと…

・本体
・シガープラグ電源ケーブル
・ブラケット
・取扱説明書
・保証書
・メモリーカード16GB

これまた、この価格帯でメモリーカード16GB付属!

本体サイズはコンパクト(55×54×29mm 約60g)ですがレンズ部分が飛び出ているデザインなので「ドラレコ付いてますよ~」と抑止力も期待できます。


側面もご紹介します。
【右側面】
・「電源ボタン」
・「メモリーカードスロット」

【左側面】
・「Mini USB端子」
電源ケーブル挿し口です。

・「HD OUT端子」
ミニHDMIケーブルを使えば対応テレビや外部モニターで録画映像を見れます。(録画映像のみでリアルタイムで映像は出力できません。)
※ミニHDMIケーブルは付属されておりません。


■取付
フロントガラスの汚れを吹いて
取付位置を決めたらブラケットを貼り メモリーカードを本体右側にセットしたら
ブラケットに本体を取り付けます。


本体にシガーソケットから取った電源ケーブルを取り付けエンジンをかけますと…

起動しました!


■初期設定
初期設置で言語を選択します。

日付と時刻の設定も。

メモリーカードのフォーマット実行の選択

メモリーカードが破損していないかチェックを兼ねてチェックを行います。

初期設置が終われば、設置完了です。

■再生・録画 モード
プレイリストモード

録画モード

■録音設定
音声の録音オン/オフ機能

私は景色と車内の会話も録音して
楽しみたいので、常時オンです。


■PAPAGOの安全安心機能
速度制限標識警告(動画と設定画面)

出発遅延警告(動画と設定画面)

ライト点灯忘れ警告(動画と設定画面)

ドライバ疲労警告(動画と設定画面)

■「メモリーカードのフォーマット」と「設定の初期化」
メモリーカードのフォーマット

設定メニュー画面から実行できます。

設定の初期化

こちらも
設定メニュー画面から実行できます。

■動画再生ソウトウェア PAPAGO CAM ON Player」
ダウンロードはこちら


■不具合かな?と思ったら
PAPAGOサポートチェックを確認してみよう!
ダウンロードはこちら