【ご注意!】 車用サンシェードのご使用について

本格的に熱くなると人間だけでなくドライブレコーダーも夏バテ(故障や不具合)のトラブルが多くなる季節です。
正しく使えば車内の高温を抑止することができますが、間違った使い方をすると、ドライブレコーダーやレーダー探知機などカー用品が故障する原因になる可能性もあります。

夏場の車内は想像以上に高温になり、ダッシュボード付近は最大80度を超えることも。

サンシェードを使う方は、ぜひドライブレコーダーを内側になるように取り付けてみてください。

【良い例】
駐車中に動体検知をしない方はドライブレコーダーが内側になるように設置しましょう!

【良い例】
動体検知を利用したい方は、サンシェードの一部を切り取って加工する方法もあります!

【悪い例】
このように熱がサンシェードでドライブレコーダーに反射する取り付けは絶対にやめましょう!

ミラー型での動体検知はちょっと難しいかもしれません、、
アイデアがあればお待ちしています!。

サンシェードは正しく使って熱対策を行いましょう!
レーダー探知機など他の電子機器も同じですよ!

テレビでも紹介されました!

朝のニュース番組「ZIP!」でもサンシェードの使い方が紹介されました。
ドライブレコーダーを太陽光から守りましょう!

– 【お知らせ】今ならお得なキャッシュバックキャンペーン開催中!

ドライブレコーダーの取り付けにチャレンジしてみませんか? 2022年6月17日(金)~ 7月31日(日)まで購入したドライブレコーダーの取り付けした写真を投稿して応募すれば、ギフト券1000円分キャッシュバックプレゼント!キャッシュバックの対象者は投稿条件を満たす必要がございますので、詳しくはキャンペーン内容をご確認のうえ応募いただけますでしょうか。

PAGE TOP