GS490G常時電源ケーブル A-JP-RVC-5

本製品はGoSafe 490Gシリーズ専用の常時接続ケーブルです。カーバッテリーへの常時電源(ヒューズボックス接続)によりドライブレコーダーに常時電源供給を可能にする配線ケーブルです。
特長仕様サポート

 

接続図

 

オフタイマー設定

電圧遮断設定

GoSafe 490Gシリーズで使用可能なオプション機能

※本機能を利用される場合、GoSafe 490Gシリーズと本製品A-JP-RVC-5の配線作業が必要になります。

注意事項

1)必ず動作確認を行ってからお取り付けください
車両への取付前に、必ず本製品とドライブレコーダー本体と動作確認を行ってください。各機能の動作を確認を行ってから取付作業を行ってください。
※ドライブレコーダーの取付方法は、製品の取扱説明書をご確認ください。
※取付後に動作しない・不具合などある場合でも取付・取外作業費用など当社は責任を負いません。

2)ドライブレコーダー用途以外では使用しないでください。

3)本製品はお客様自身での判断と責任においてご使用いただくことになります。また、取り付け・配線は、安全のためカーエレクトロニクス製品の取り付け経験と知識のある専門業者又はカーディーラーへ事前にご相談のうえ取り付けください。専門技術が必要となり、誤った取り付けや配線をすると車両に重大な支障をきたし事故の原因となる可能性もございます。

・作業する前に必ずバッテリーの(-)マイナス端子を外してください。怪我や機器の破損になってしまう可能性がございます。
・エアバッグの動作を妨げる。視界や運転操作を妨げる。同乗者に危険を及ぼす。などの場所へケーブルを配線をしないでください。
・各端子に異物が入らないように、取り扱いにご注意ください。
・取り付けは確実に行ってください。本体などの脱落・落下等によるケガや事故など損害を被る恐れがあります。
・電源コードは確実に差し込んでください。接触不良を起こして火災の原因となります。
・コードを傷つけたり、無理に曲げたり、加工しない。
・取付・配線後は車両の電装品が正常に作動することを確認してください。

4)本製品の取付後、万が一うまく作動しない場合には下記項目をご確認いただけますでしょうか。
① 本製品のコードやドライブレコーダーの接続コネクタの脱落や緩みなど
② 不具合原因を切り分ける。
「ドライブレコーダー本体」、「電源接続」、「本製品」の原因を切り分けの確認を行ってください。
ドライブレコーダー付属のシガープラグ電源ケーブルで車に標準装備されたシガーソケットへ直接接続してください。
症状が発生しない場合、ドライブレコーダー本体の故障ではありません。配線接続先のご調整や本製品の動作確認を行てください。
シガー接続でドライブレコーダー本体が動かない場合、ドライブレコーダーの取扱説明書をご確認いただけますでしょうか。

5)動体検知機能について
動くもの(カメラ映像の変化)を検知して記録します。車や人通りが多くある場所や電飾看板やライトの光など動体のある場所ではご使用をお控えください。
※常に録画することになるため電源消費が多くなりバッテリーが早い段階でギリギリの状態になるためご注意ください。

6)本製品は毎日車を使用されている環境を前提に設計を行っております。
本製品のご使用後2日以上使用されない場合、は入力端子(接続図参照)から本体を取り外してください。車載バッテリーがギリギリの状態になりますのでご注意ください。
※2日は理論値です。実際にはカーバッテリーの容量や環境によって異なります。
※車載バッテリー性能や寿命、環境などにより早く車載バッテリーがギリギリの状態になる恐れがあります。
※バッテリー上がりと付随する事象に関しては当社では一切の責任を負いません。
※定期的にカーバッテリーの点検を受けてください。

7)すべての車種や製品でうまく動くことを保証するものではございません。
本製品は車の車種や車の内装装備や常時電源供給装置もしくは車のバッテリー使用期間(寿命)などにより、すべて正しく対応もしくは稼働できることは保証出来かねますので、予めご了承ください。

8)アイドリングストップやハイブリット、省エネなど特殊な機能を持つ一部の車種について各機能と連動し通電が遮断したり、急激に変化するラインから電源を取ると当然機能と連動して停止するため特殊機能と連動しない電源ライン1つに対し1製品で電源を取得してください。

9)「動体検知」、「衝撃検知」、「タイムラプス」は車が停車中の防犯監視機能として設計されています。本機能が稼働時にモニター画面が非表示(モニターに何も表示されません)され、本体の電源オフもしくは本体が動作していないと勘違いされてしまうため、必ず、通常録画中もしくは車走行中には「動体検知機能」や「タイムラプス」をオンしないでください。

10)お客様による分解・改造をおこなった場合に生じた損害は保証いたしかねます。

11)電圧変換や配線などを間違えてしまうと製品の故障・感電・車のエンジン故障・自然災害や火災その他の事故や重大な事故等に繋がる恐れがございます。必ず、専門店の方とご相談の上、本作業を行ってください。また、お客様の故意または過失、製品の改造等によって生じた損害・損壊や第三者に与える損害・損壊に関して、弊社は一切の責任を負いませんのでご了承ください。<接続図〉〈注意事項〉を守らない場合には、機器の動作不良、または断線やショートにより故障や怪我・車両火災・事故の原因となります。

12)本製品のご使用中、何か不具合や異常を感じたら直ちに使用中止し点検を行ってください。

13)必ず、車のエンジンが止まっている状態で接続設置を行ってください。

14)本製品は12V/24V車以外では使用しないでください。

15)本製品は防水構造ではありません。必ず車内の直射日光の当たらない場所に取り付けしてください。

16)運転者は走行中に操作をしないでください。運転中の操作は前方不注意による事故の原因となります。必ず安全な場所に停車し、サイドブレーキを引いた状態で操作してください。

17)保証について
・本製品は消耗品扱いとなり、保証期間は新品購入日から3ヶ月です。転売品など所有権譲渡品、中古売買品は理由を問わず保証対象外となります。
・本製品の保証適用は購入証明書(レシートや購入画面などの画像)が必要なため大切に保管してください。

 

商品名 GS490G常時電源ケーブル
型番 A-JP-RVC-5
JAN 4582448451812
対応機種 GoSafe 490G、GoSafe 490GM
長さ 約4m
(本体側)→約290cm→(変圧ボックス)→約95cm→(車両側)
定格電圧
定格出力電圧
定格出力電流
出力電圧保護遮断

※A-JP-RVC1、A-JP-RVC-3と仕様が異なります。また、自動遮断機能の電圧は車種によって異なりますので車両側の電圧電流についてご確認のうえお取り付けください。
※本製品は車種や車の内装装備や常時電源供給装置もしくは車載バッテリー使用期間(寿命)などにより、すべて正しく対応若しくは稼働を保証でき兼ねますので予めご了承ください。自動遮断機能の稼働後、常時接続先からコンバーターまでの待機電力は流れるため完全に遮断するものではございません。
※当社が独自設定された経験値となります。すべての車種やバッテリーメーカーには適用できない場合もありますので、必ず、お取り付けて頂く車やバッテリーメーカーの仕様をご確認ください。また、製品仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。
※弊社は製品の改良や品質向上などの理由により、予告なく一部同梱物内容を変更する場合があります。これは欠品ではありませんので予めご了承ください。

ダウンロードサービス

『取扱説明書』のダウンロードはこちらです。
こちらのサービスをご利用される場合は、利用規約に同意のうえ「利用規約に同意」ボタンをクリックしてください。


取扱説明書

ダウンロード

 

関連商品一覧

PAGE TOP