前後2カメラ ドライブレコーダー取り付けにチャレンジしよう!

毎日のようにニュースで話題になっている「あおり運転」「暴行事件」「危険運転」などなど。
なるべく関わりたくはありませんが、万が一に備えてドライブレコーダーの装着がおすすめです。

PAPAGO!(パパゴ)のドライブレコーダーは「あおり運転」などのトラブルを逃さず記録する車の前後に2つのカメラを取り付けるタイプのドライブレコーダーを多数販売しています。

前後2カメラタイプのドライブレコーダーは「自分で取り付けるのは難しそう」と思われている方も多いはず!
このページでは誰でもかんたんな10ステップで前後2カメラドライブレコーダーを取り付けることができる方法をご紹介します!
※車両電源直結タイプのドライブレコーダーは最寄りの専門店へ取り付けご相談ください。

 

【STEP1】ドライブレコーダーを開封してみよう

ドライブレコーダーを開封してみましょう。
今回はPAPAGO!のフラッグシップモデル「GoSafe S70GS1」を例にご紹介してきます。

まずは付属品をチェックしましょう。
前後2カメラドライブレコーダーなので2つのカメラが付属しています。
ケーブルの長さはミニバンなどにも取り付けできる約7m+1mのロングケーブル仕様です。

【STEP2】取り付け前に動作確認しよう

ドライブレコーダーを取り付ける前には必ず動作チェックしましょう。

① メモリーカードを本体に挿入
② シガーソケットに接続
③ リアカメラを接続

【STEP3】フロントカメラを組み立てよう

フロントカメラを組み立てましょう。
付属のベースブラケットを横にスライドするような形で取り付けます。

【STEP4】フロントガラスに貼り付けよう

【STEP5】フロントカメラとリアカメラを繋げよう

【STEP6】リアカメラの映像を確認・調整して取り付け位置を決めよう

【STEP7】リアカメラを車外に取り付けよう

【STEP8】運転の邪魔にならないよう配線を隠す

【STEP9】取り付け完成!! エンジンのON/OFFと連動して録画スタート

 

PAPAGO! 前後2カメラ録画対応ドライブレコーダーはこちら

 

PAPAGO!のドライブレコーダーの特長や比較ポイントまとめ


PAPAGO! 前後2カメラドライブレコーダー ラインナップ

 

PAGE TOP